ソーラーアーク法はシンプル、なのに、当たる

日々ブログ

皆さん、こんにちは〜!

木星と冥王星の影響を
無視していると
体重増加にリンクする、
という

昨日のブログの続きを
書いていくつもりでしたが

その話をするには
進行法の一つ
「ソーラーアーク法」

を理解していると
よりわかりやすいかな、
と思ったので、
それについて書きます。

ソーラーアーク法は
「進行法」の一つで

未来予測をする際に
軸となる手法です。

未来予測の為の進行法は
主に2つあって、

一つは一日一年法、
そしてもう一つが
ソーラーアーク法。

時と共に変化する運氣、
というイメージでしょうかね。

なんだか難しそうに
聞こえるかもしれませんが

実はとても単純な手法で
1度=約1年の計算で
全ての天体を
反時計回りに進めるだけです。

これは生まれた
次の日(一日後)の天空図が
1歳の時の運気を表していて、

2日後の天空図は
2歳の時の運気を表している、

という考えのもとに
成り立っています。

そのまんまの図が
一日一年法。

だから動きの遅い
土星以降の天体は
ほとんど動かないので
予測に使用できません。

それを解決するような手法が
ソーラーアーク法と言えるかなと。

太陽は一日に
約1度進みますが、

それと同じだけ
他の全ての天体も動かす方法が
ソーラーアーク法です。

例えば20歳の頃の
運気を知りたい時は、

出生図の全ての天体を
20度、反時計回りに
動かせばOK。

その時に
出生図の何かの天体と
重なっていたり、
タイトなアスペクトを
作っていたら、

それらしい
出来事が起きる、

みたいに読んでいきます。

シンプルですよねー。

でも、恐ろしい話ですけど、
当たります(笑)

太陽は毎日ぴったり1度進む、
という訳ではないので
年齢と共にズレは出てきますが、

出生図を見ながら
大まかに一度ずつ
反時計回りに動かしてみると
思い出すこともあるかと思います。

特にソーラーアークの天体が
アセンダントやMC等の
感受点に重なる時や

出生図の太陽や月、
ハードアスペクトの天体達に
重なった時等に
影響が出やすいかと思います。

例えば
ソーラーアークの冥王星は
人生観が変わるような体験を
もたらしたり

ソーラーアークの海王星は
インスピレーションが
冴える時期でもありますが
物事を曖昧にしたり
病気に関することを
もたらしたり

ソーラーアークの天王星は
突発的な出来事をもたらしたり。

あとは天体同士が
何度離れているかを見ると
その年齢で何か
印象的な出来事があったり。

例えば
出生図の太陽、
もしくは金星と
ソーラーアークの金星、
もしくは太陽と
重なる時に結婚しやすい、
という見方があります。

これは私が見る限り
半々ぐらいですが・・・。

私の場合は
金星が蟹座の4度、
太陽が獅子座の1度なので

27度離れていますね。

つまり27歳の頃
出生図の太陽に
ソーラーアークの金星が重なる
=結婚しやすい

という見方ができるのですが

実際に結婚したのは
26歳になる数日前。

若干ずれてますが
色々あって
一緒に住み始めたのは
27歳でした(笑)

あとは
今どの星座、ハウスに
その天体があるか、で
関心事や出来事が
変わってくるという見方を
していきます。

そして色々未来予測をすると
何か大きな出来事がある時は

ただ太陽と冥王星が重なった、
といった一つの出来事ではなく、

他にも色々なところで
天体同士が影響し合って

これでもか!

ってほどの
ホロスコープになっていて
毎回驚きます。

いやー
恐ろしいですねー

としか言えない(笑)

今日も最後までお付き合い頂き
有難うございました♡

ゆりこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました