12感覚・12星座の性質を鍛えるには

日々ブログ

〜シュタイナーの
12感覚と12星座〜

皆さん、こんにちは〜!

レオニ アストロロジーに
ご訪問頂き、有難うございます!

ホームページ開設にあたり
色々な方から
メッセージを頂きました。

有難うございま〜す!!!(感涙)

嬉しいなあ。

今後とも宜しくお願いします。

・・・と、
言うことで(笑)

本題です。

シュタイナーの
12感覚と12星座。

ですよ。

牡羊座から
書いていく前に

それぞれの性質を
鍛える(高める)には

ホロスコープ上
「向き合っている」
12感覚と12星座の関係性を
理解する事が
大事だと思うので

そちらについて
語らせて頂きます♪

ホロスコープ上で
向かい合う星座(感覚)は
反対する性質を
持ちながらも

それぞれ補い合って
性質を高めていくような
関係性でもあり、

場合によっては
その緊張した関係性を保つ事が
大事だったりします。

シュタイナーの
12感覚は
下位、中位、上位と
3つのグループに
別れていて、

シュタイナー教育では
以下のように
分類されているように思います。

下位:志
自分自身・身体の感覚
(7歳頃までに育つ感覚)

中位:感情
身近な人と関わる感覚
(14歳頃までに育つ感覚)

上位:思考
社会と関わる感覚
(20歳頃までに育つ感覚)

だから基礎となる
下位感覚の一つ
親とのスキンシップ(触覚)で
心の安定を満たせている事等が

心地よい
社会的な人間関係に
繋がるのではないかと
個人的に思うのです。

実は
上位感覚に属する
4つの感覚と

下位感覚に属する
4つの感覚は

星座で言うと
ホロスコープ上
向かい合う星座が
それぞれに
属しています。

上位感覚⇆ 下位感覚

自我感覚(牡羊座)⇄
触覚(天秤座)

思考感覚(牡牛座)⇄
生命感覚(蠍座)

言語感覚(双子座)⇄
運動感覚(射手座)

聴覚(蟹座)⇄
平衡感覚(山羊座)


生まれたての
赤ちゃんである
牡羊座〜4つが上位で

社会的なデビューを果たす
天秤座〜4つが下位。

社会の中で
何か生きづらさを感じたり
つまずいたりする時は

子供の頃の「感覚」が
リンクする時も
少なくありませんよね。

そういう関係性を
前提に考えると

過去を軽く振り返って
不足している
星座の性質を特定する事と

それに
対応する感覚と
対抗する感覚を
鍛える事は

何かしら改善する
効果があるのではないかと
思うのです。

と言う事で、
対向する星座順に
まとめていきますね。

それでは今日はこの辺で。

今日も最後までお付き合い頂き
有難うございました♡


ゆりこ

日々ブログ
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レオニ アストロロジー

コメント

タイトルとURLをコピーしました