11. 乙女座と視覚

シュタイナーの12感覚と12星座

〜シュタイナーの12感覚論と12星座〜

皆さん、こんにちは〜!

GW明けの一週間が
終わりましたね。

お疲れ様でした!(笑)

さて。

シュタイナーの
12感覚論と12星座シリーズも
残すところあと2星座。

今日は乙女座になりますが、
乙女座に対応する超感覚は
「視覚」になります。

あえて視野を狭く、
1つのことに集中して
対象になるものを
じっくり観察する乙女座。

私たちは起きている間はずっと、
何かを目にしていて、

受け取る情報の8〜9割は
視覚から得ていると
言われています。

視覚は、「思考」と連動し、
その対象に関して

どこがうまくいっているのか
どこを改善すれば良いのか

物事をしっかり見極めて
完璧なレベルで
対応していく乙女座。

でもそれ以外の事が
視野に入りにくくなってしまう・・・。

周りも、見よう

超感覚になると、

「視覚」はそういう
実際に観る感覚・能力ではなく

「目に見えないものを
視覚化する能力」

になります。

ビジョンを描くとか
イメージトレーニングとか。

これをすることによって

より現実化しやすく
なりますね。

夢で見たものや
繰り返し脳裏に浮かぶ風景から
何かヒントを得たり
何かを予知したりする能力。

そして
例えばどこかで
何か霊的なものを感じる時

天秤座だったら
鳥肌が立ち、
獅子座だったら
ひんやりしたものを感じ、
水瓶座だったら
独特な臭いを嗅ぎ、
蟹座だったら
聴こえるのかもしれないのですが、

乙女座の場合は
もうそのまま
見えないものが「視える」。

人のオーラも
ちょっと練習すれば
視えるかも?

イメージする事は
乙女座の強い人にとって
すごく大事な事だと思うし、

逆にマイナスなイメージをしてしまうと
実際にそうなりやすいかもしれません。

そして
視覚を鍛える良い方法の一つは
タロットではないでしょうか。

深層心理と繋がる色も
観察しながら

同じ地星座である
牡牛座の「思考感覚」を使って

「絵そのものに
思考が含まれている事を読み解く」

そして
こうやって曖昧で
視えないものを
タロット等の道具にして
誰でも使いやすくする、
みたいなことが
乙女座的超感覚の
使い方でしょうかね。
(実際のタロットは
違う目的で
作られたようですが)

つい最近お友達から
見せてもらったのですが、

最近話題?
右脳を使っているか
左脳を使っているかで
見える色が全然違うという
靴の画像があります。

https://twicolle-plus.com/articles/439911
↑Yuki様、有難うございます!

皆さんには
何色に見えましたか?
(私は完全に緑です)

この無意識的な感じは
対向する星座である魚座から
ヒントを得られるのではないかと思います。

と言う事で、最後の星座
「魚座」に続きます。

おまけ画像
葉っぱじゃないもの、視えますか〜(笑)

今日も最後までお付き合い頂き
有難うございました♡

ゆりこ

シュタイナーの12感覚と12星座日々ブログ
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レオニ アストロロジー

コメント

タイトルとURLをコピーしました