シュタイナーの12感覚論と12星座

シュタイナーの12感覚と12星座

透視能力を持っていた、
と言われている
人智学者の
ルドルフ・シュタイナーは

私達には、
五感を超えた
霊、魂、そして
身体に関わる
12の高次の感覚がある

と「12感覚論」を
提唱しました。

そしてその
12の感覚は
大きく3つのグループに
分かれています。

下位感覚意
(志と深い関わりを持つ感覚)

触覚
生命感覚
運動感覚
平衡感覚

中位感覚
(感情と深い関わりを持つ感覚)

嗅覚
味覚
視覚
熱感覚

上位感覚
(思考と深い関わりを持つ感覚)

聴覚
言語感覚
思考感覚
自我感覚

このグループ分けが
「シュタイナー教育」に
結びついていくのですが

その12の感覚は
12星座に結びついている

とも言われています。

これについては

松村潔先生が
「12感覚論について
ー7層生命と12感覚は
シュタイナー説」

と言う論文みたいな本で
書かれています。

私の師匠のお一人
小泉マーリ先生が開催された
12感覚と12星座に関する
ワークショップに参加し、
更に興味深く感じて、
自分なりに考察しています。

このシュタイナーの
12感覚論は難解らしく
あまり詳しいことは
まだわからないのですが

各星座に当てはめるのは
簡単ではなかったとか。
そして以下のように
対応すると解釈されています。

♈︎ 牡羊座: 自我感覚
♉︎ 牡牛座: 思考感覚
♊︎ 双子座: 言語感覚
♋︎ 蟹座:  聴覚
♌︎ 獅子座: 熱感覚
♍︎乙女座: 視覚
♎︎ 天秤座: 触覚
♏︎蠍座:  生命感覚
♐︎ 射手座: 運動感覚(未来予測)
♑︎ 山羊座: 平衡感覚
♒︎ 水瓶座: 嗅覚
♓︎ 魚座:  味覚

感覚が整えば
どの感覚も皆普通に
使えるはずの超感覚。

でも色々なものが
邪魔をして
使いづらくなっているだけだと
考えています。

自然と使えていたり
どれか使いやすいものがあると
それをとっかかりに
他の感覚も
蘇るのでは無いかと思っていて、

それが人によって
どの感覚になるのか
凄く興味があります。

マーリ先生は、

アセンダントの星座、
もしくはその対向星座、
月のある星座、
もしくは対向星座、
星の集中する星座、

とおっしゃっていました。

そして、
その感覚を鍛える
運動や習慣等をすると

それに関する超感覚が
呼び覚まされる可能性が
あるかもしれない、
と言う事で
研究していきたい
テーマの一つです。

まずそれぞれ
どう言う解釈なのか
星座別を随時UPしていきます。

*松村潔先生の
「わたしの運命がわかる

地球星座占い」、
そして小泉マーリ先生の元で
学んだことを、存分に
参考にさせて頂いています。

シュタイナーの12感覚と12星座
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レオニ アストロロジー

コメント

タイトルとURLをコピーしました