木星と冥王星と体重管理【12ハウス】

木星と冥王星と体重管理と

皆さん、こんにちは〜!

最近、私の周りには
転換期を迎えているなあ
と思う方が何人もいます。

特に日食前後から・・・。

嬉しく思いながらも

取り残されている

と、少し、思わなかった、
訳でも、無いのですが

私もその
波を前にしているんだと
力尽くで思うことにしたら

色々と起きる事に
メッセージ性を
感じてきました。

過去を振り返ったら
自分頑張っててビックリ(笑)

私も、皆さんも、
不安だったり
期待だったり
様々な感情を持ちながら

押し寄せる波に
それぞれの
タイミングで乗って

同じ場所に辿り着いて
今一緒に佇んでいるんです。

一人じゃないんですよー。

みんなで良い波
掴みましょー!!!

と、なぜか
熱くなったところで

木星と冥王星と
体重管理とシリーズ・・・

最終回の12ハウスです!!!

参考にしている本:

Astrology & Weight Control
by Beverly Ann Flynn et al.

12ハウス・木星

木星のホームは
射手座というイメージですが、

魚座ももう一つの
故郷ですね。

のびのびと
力を発揮できる場所です。

12ハウス(魚座)の
キーワードは

慈善・奉仕、感受性、メディア、
深い情感、スピリチュアル、
潜在意識、秘密、見えないもの

12ハウス(魚座)木星の方は
潜在意識と
繋がりやすかったり

潜在意識に
働きかけやすかったり
すると思うので、

それはコツを掴めば
いわゆる「引き寄せ」が
起きやすいのでは
ないかと思います。

そして

(見えない手に)
守られている事

これがあれば無敵でしょ

というサポートを
得ています。

そのサポートは

ご先祖様や宇宙、
見えない世界と
繋がりやすいからだと
解釈しています。

そういう意味で
より高次と繋がって
見えない手の「代理」として

周りをより
大きな愛で包むことを
求められています。

なかなかスケールが大きい(笑)

木星がのびのびと活躍する分、
楽しく恩恵を受ける
というのは逆に
難しい気がします。

12ハウスは

これから1ハウスで
新たに生まれ変わる前の
魂の部屋。

サイクルの中で
手放しできずに
溜まったものを

全て吐き出さなくては
いけない場所です。

ですが、木星は
「既にあるもの」を
増やす星。

ここで増えるものは
他人への奉仕の気持ち、
自我を無くす気持ちです。

ここで体重の問題が
あるとすれば

それは
必要以上に多くの人を
サポートしようとしていたり

間違った形で
(例えば依存の形で)

サポートしていたり

周りからの同情を
期待していたり

自己犠牲に
酔いしれてしまったり

といったことかも
しれません。

自分に見えないものを
信じられなかったり

繋がっている感覚を
失ってしまったように感じたら

繋がりを感じるような場所

例えば
神社やお墓参り等に出向いて
エネルギーチャージするのも
良いかもしれませんね。

そして意識して
どんどん働きかける事で

個人的な無意識が
集合的無意識に繋がり

そこでの悟りを
社会的にアウトプットする事が
求められているのではないでしょうか。

12ハウス・冥王星

隠れたもの、
秘密にして
蓋をしたものを
こじ開けるような才能を持つ
12ハウス冥王星。

その能力は
コントロールが難しい程
力を持ち、
見えるもの、感じるものに、
或いは潜在意識でも
漠然と怖さを覚えたり、

それによって
本当の望みを感じる事を
拒否してしまっている事も
あるかもしれません。

ここは隠れた部屋、
とも読めますが
潜在意識に働きかけるので
逆に影響力は強くなるように
思います。

メディア的に実態が
あるのか無いのかわからない分
広く影響を与える、という感じで。

ここに冥王星が巡ってきたと
言う事は、
自分の夢を叶え、
今度は真のヒーラーとして
周りを癒し、助けていく事を
求められているのでは
ないかと思います。

様々な経験をして
特定の分野で
カリスマ性を持った後、

今その分野の
表舞台ではなく、
一歩引いたところで
正しく力を使う事が
求められている気がします。

直感力、洞察力と
権力、カリスマ性を
掛け合わせて
皆を照らす灯台のような
役割を担っているのでは
ないでしょうか。

☆*:.。. oo .。.:*☆

と言う事で!

木星と冥王星と体重管理と

書き終えました〜♡

 

色々と好きに書きながら・・・

前に少し書きましたが
ぼちぼちと
「好き勝手サビアンシンボル」を
書いていけたらなあと思っています。

今日も最後までお付き合い頂き
有難うございました♡

ゆりこ

木星と冥王星と体重管理と日々ブログブログ
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レオニ アストロロジー

コメント

タイトルとURLをコピーしました